『カキナガラ』は製品レビューやcolumnがメインのサイトです。一部記事にはプロモーションを含みます。

人は記憶が無くても問題なく生きていけるのか否か…でも記憶が無いのは非常に辛い事は事実でしょうか?

こんにちは、Kです…

私は以前から日記に記載している様に、2023年、7月12日の事故によって記憶の一部が欠けている状態です…

その事故というのは、私が晴れの日に関しては、月曜日から土曜日まで毎日リハビリに通っている病院に行く途中、私の乗っていた原付バイクに、脇道から乗用車が飛び出て来て衝突したものです…

その際に、身体に傷はほぼ無く、左の膝に、ちょこっと擦り傷が出来た程度…

 

ですが、頭部に損傷を負い、『頭蓋骨骨折』と『外傷性くも膜下出血』という割とシリアスな負傷をおってしまいました。

 

事故が起きたのは、水曜日の夕方だったらしいのですが、私の記憶に関しては、月曜日の夜にどのドラマを観るか?

という記憶までしか無く、記憶が戻ったのが、事故から2日後の病院のデイルームで、看護師さんと話している最中に、ふと、ここは何処???

という話しになり、結果、事故前後4日の記憶が全く有りません…

そういった状況で、この記事を書いているのが、2023年11月13日での状況を踏まえてタイトルの件…

 

『人は記憶が無くても問題なく生きていけるのか否か…』

 

という事に関して、少し考えてみたいと思います…

 

まあ…

 

最初に自分なりの答えを出すと…

 

記憶がなくとも、生きて行く事は十分可能でしょう…

 

ですが、かなり厄介な事になる事を覚悟をする必要がるかと思われます…

記憶は良いも悪いも人間のアイデンティティーの問題である…

通常、人間の記憶というものが最初に思い出せる範囲として、一般的には2〜3歳程度の頃からの記憶が頭(脳)に刻まれるものと思います…

そして歳を重ねるごとに、その記憶は加速度的に増えて行き、年齢が20歳を過ぎる頃には、膨大な数の記憶が頭(脳)に刻まれるものかと思っています…

さらに年齢を重ねる事によって、その記憶は膨大な…

例えば現代で優秀なメモリ機能というと思い起こせるものはパソコンのメモリなど…

人類が開発した機械による媒体に記憶というものに関する優れた製品である媒体でも、人間の記憶の様な、複雑で尚且つ様々な感情や記憶を全てレコード出来るかというと、少し難しい様な気もします…

それぐらいに、人間の持つ記憶というものは非常に大切で有ると考えます…

もっと正確に言うと、その大半の記憶は人間の脳に刻まれている事が多いかと思われます…

ただし、私の過去の例で言うと、記憶というものは全てが脳に刻まれるものではなく、身体にも刻まれる事もあるように思います…

そしてその記憶は、良いも悪いも全ての記憶がその人間1人のアイデンティティーの確立に置いて重要な役割を果たすものと私は考えます…

そういう事を鑑みると、記憶が一部でも欠損してしまうと、その人間…

1人の人間としてのアイデンティティーを一部失う事にもなる為に、人間として生きて行く上では欠かせない物と私は思っております…

脳の記憶障害による記憶喪失の種類とその影響は…

上記の事を踏まえ、脳の損傷による記憶障害…

俗に言われる『記憶喪失』にはどの様な種類があるのでしょうか???

例えば、健常者の若い方でもよく経験する事と言うと、飲酒による記憶の欠乏などでしょうか…

飲酒による記憶障害…

飲酒による記憶障害に関しては、一般的な人間の、心身共に健康な人間にも十分に起こり得る事象であり、年齢、性別に関係なく起こり得るものと考えます…

私も、若い頃は、お酒に酔って、記憶をなくしてしまった事が日常茶飯事的に起きていました…

よく有った事例として、例えば新宿で飲んでいたにも関わらず、起きたら見知らぬ駅で、何処かも分からないと言うことは本当に数知れず有りました…

一番遠くまで行った記憶にあるのは、確か『大月駅』で気が付いたことも有った様な記憶もうっすらと有りますが、これに関しても現在の記憶では不確かな情報ですね…

記憶が無いのですから…

多分、何度か経験しているのが、中央線の高尾駅で乗務員に起こされて、唖然とした記憶もうっすらですがあります…

当時はおそらく結婚をしていた時期だと思うのですが、夜中に高尾駅から新宿の自宅にタクシーで高速に乗って帰って、元奥さんからかなり怒られた様な記憶もぼんやりと存在します…

事故などで脳に損傷を負った場合に起きる記憶障害…

これは現在の私の状況でしょうか…

これに関しては、現在直面している非常に厄介な問題であり、非常に苦労をしている現状となっております…

まだ医師の診察がこの後、11月の末に行われるのでまだ記憶障害での記憶喪失かは不明の状態です…

ですが、現在の状況を鑑みると、おそらく記憶喪失と言っても良いかと思うぐらいに記憶が欠損している状態です…

最初に疑問に思った事は、事故による入院で、退院した際に、タクシーで家に帰宅しようと思って乗ったのですが、運転手さんから行き先を聞かれて…

ん… ???

そういえば、私の家は何処で有ったかの記憶がまるで無かった…

病院のタクシー乗り場で、乗車してからおそらく5〜6分以上の思考の末、思い付いたのが、スマホの情報です…

私は、現在のアパートに引っ越したのが約2年ほど前で、その際にスマホのメモに新しい住所を郵便番号からメモしていた事…

そして、電話帳の住所欄にも新しい住所を記載して有ったので、その2点を照らし合わせ、おそらくこの住所であろうか???

と思い、タクシーの運転手さんに住所を伝え、走ってもらって、着いた住所で、何やら見覚えのある建物を発見…

おそらく、このアパートであろうか???

と思い、スマホに記載されていたアパート名と部屋番号から辿り着いて、恐る恐る鍵を差し込んで開けてみたら開いた…

そこでようやく、ここが現在の私の住居だと確信したのでした…

そして、入院中は分からなかったのですが、部屋に入ると、デスクにパソコンがあり、コタツの脇にはギターが置いて有った…

そこで初めて、自分がギターを演奏していたのかと思うが、演奏をしていたかはその時点では不明で、ただ単に誰かから預かった物で有る可能性も高い…

そしてパソコンを起動させて、その中身を見る事によって、自分が過去にどういう事をしていたのかが、徐々に判明していったのでした…

今思うに、パソコンのロック解除が指紋認証で有ったことはせめてもの救いだったでしょうか…

正直、スマホの情報だけでは不確かな事もありましたが、パソコンには様々な書類、写真、などのデータが有ったので、まずはその書類や写真を全て閲覧し、私が何者かを探って行きました…

そして、何種類かのメールソフトに有ったメールのやりとりなどから、この人とはこういう関係か???

とか、思い出しつつ、SNSなどの情報もスマホからでも確認出来ましたが、より正確に判断する為にパソコンからSNSでの過去のやり取りなどを見て、この方とはこういった話しをしていたのかな???

などという情報を得ました…

そうこうしている内に、退院後、2週間ぐらい経ってからでしょうか???

ある方からの電話が有り、その名前では思い出せなく、恐る恐る電話に出てみたら…

電話の向こうでは、『なんでずっと連絡がなかったのか???』と聞かれましたが、その方との関係性もちょっと曖昧で有った為、実は…

と言う事で、事故に遭ってから、記憶が非常に曖昧で有る事を告げ、逆に自分がどう言う人間かを聞いた程でした…

また、事故での入院は10日少しでしたが、おそらく以前からLINEで、仲間であると思われる方に連絡をしていなかったので、2週間を過ぎた辺りから頻繁にLINEの通知が来るも、相手が分からずに、未だ既読スルーをしている方もおります…

ただ、LINE通話で話した方は別なのですが、正直に言うと、どういった関係だったのかを思い出せずに、話が噛み合わないまま切って、その後のLINE通話には出ていない方も複数人おります…

そして、私の趣味は、パソコンの検索履歴や、ブックマークしていた物を見ると、音楽が非常に好きで有った事…

また、ドラマや映画を観る事が好きな事などの情報を得る事ができましたが…

頭に音楽の旋律は思い浮かぶのですが、どのアーティストの楽曲かがまるで分からない…

なので、とりあえずスマホに入っているプレイリスト…

かなりの数のプレイリストがあったのですが、まずはそこから全て聴いてみて、主に好きなジャンルは『ヘヴィメタル』であるという事が判明…

ですが、常に頭に流れる楽曲を聴きたいと思うのですが、やはりそこからアーティストを絞り込む作業は今でもかなり難航しています…

そして、退院後、ドラマや映画をかなり観ていますが、俳優さんの顔はなんとなく記憶に有るのですが、名前が出てこない…

なので、ドラマや映画を観る際は、スマホで検索し、ドラマや映画の相関図などを見て、俳優さんの情報を得たりしてドラマや映画を観ていますが…

これがまた厄介なことに、次週になると、またその俳優さんの名前が出て来ない…

その繰り返しで、非常に面倒かつ、イライラする事が多いでしょうか…

また、読書などをしても、翌日にはその内容を忘れていて苦い思いもしております…

加齢による健忘症など…

また、記憶障害に関しては、加齢によって、脳の中に異常???

が発生し、記憶障害に陥る方も多いかと聞きます…

その場合は…

残念ながら治る見込みは無く、また改善する余地もない様に、調べたら出て来ました…

まあ、正直に言うと、加齢による脳のダメージに関しては、人間である限り、寿命というものが存在する…

なので、ある意味、気の毒ではありますが、それはいずれ人は死ぬ…

という事を考えると、致し方のない事かとも思っておりますが…

記憶障害に関する、私の結論は…

いずれにせよ、どのような記憶障害に関しても言える事なのですが…

記憶障害に陥ってしまった場合…

正直に言うと、対策は無い…

以上…

 

でしょうか???

 

私の場合の話しで恐縮ですが…

私の場合、この記事を書いている時点で、事故から約5ヶ月程度…

それでもこれだけ生活に支障が出ている…

自分の身体の状態がどういう状況かは、カード入れに入っている、病院の診察券のみ…

そしてお薬手帳を見て、どの様な状況かを調べてみて、結果的に、割と重い『糖尿病』である事…

また、精神的に弱い状況で有る事…

また、現在進行形で行われている事象など…

まあ、よくもこんなに多くの病気や、精神状態や諸々の問題を抱えているものかと…

こういう事が段々と現在の自分の脳の記憶に上書きされている状態です…

ですので、この先、私の記憶障害に関しての診察は、某病院の脳外科の医師の手腕も問われるのでしょうが、様々な事を調べて行くと…

完全に記憶が戻る可能性は…

おそらく非常に低い確率かとも思われます…

 

なので、結論を申し上げますと…

 

タイトルの『人は記憶が無くても問題なく生きていけるのか否か…』に関しては…

 

多分、慣れれば生きて行く事は出来ると思っています…

 

ただし…

 

タイトルの、『問題なく』と言う点に関しては、『問題を抱えながら』でしか生きて行く事は難しいのかとも思われます…

 

まあね…

 

記憶がなくても死ぬわけでは無いので、大袈裟でしょうが…

 

人は記憶が無いと、自己の存在意義や、自己の確立という面に関しては、ちょっと厄介なことになるのかな???

 

などと思っておりますが…

 

私は医師でもなければ医療関係者でも有りませんので、上記に記載した内容に関しては、あくまで、現在の自分の状況を鑑みての記事となります…

 

ただ…

 

良い記憶も…

 

悪い記憶も…

 

やはり、人間にはとっては必要不可欠だとも思っております…

 

運よく、この記憶障害が少しでも良くなってくれたら良いかな???

 

人間の脳に刻まれた記憶なども、パソコンなどの電子機器の様に、別の場所に保管し、何か有った場合は取り替えられたら…

 

という希望的観測に基づいて…

 

ある種の備忘録としての1つのcolumnでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です