『カキナガラ』は製品レビューやcolumnがメインのサイトです。一部記事にはプロモーションを含みます。

今日の夕食は、新宿西口の『らあめん・ほりうち』で納豆ラーメンの大盛り!?

こんにちは、Kです…

本日の夕食は、割とよく通っているラーメン屋さんの『らあめん・ほりうち』で納豆ラーメンの大盛りでした…

納豆ラーメン・大盛り

ここの『らあめん・ほりうち』は、数軒先に、このお店の元祖とも言える『満来』があるのですが、個人的にはこちらのスープの方がお好みでしょうか???

『ラーメン・満来』は言わずと知れた新宿でも有名なラーメン屋さんで、とても人気があり、常に混んでいて午後の3〜5時ぐらいに行かないとかなり待たされるのが苦痛…

そして『満来』のスープは『ほりうち』と比較するとかなり甘い感じがして、ちょっと苦手かな???

 

いや、ラーメンとしてはとても美味しい部類に入るのですが、そのトップクラスのラーメン屋さんのスープが不味い訳でもなく、食べると普通に美味しい…

 

ただ、ほんの数十メートル離れただけで、価格も安く、比較的空いている『ほりうち』の方が単純に比較すると、スープのお味が引き締まっている感じでどちらかと言えば『ほりうち』のスープの方が私の好みにマッチしていると言った程度の差でしょうか…

 

そして大事な価格も、『満来』の方がかなり高めに設定されているのは、やはり本家の強みでしょうか???

 

ただ、『らあめん・ほりうち』もかなり前に値上げをし、以前の『満来』の価格設定に近づいてしまったのは残念ですね…

 

私、個人の考えですが、ラーメンに1千円以上を出すのはちょっと抵抗が有ります…

 

同じく新宿のエリアで、確か昭和40年代から続いている老舗の『オロチョンラーメン』の名店『利しり』に関しては、オロチョンラーメン・辛さMAXの大盛りで1.380円ですが、それに関してのみ許せる価格と思っておりますが…

 

でも、やはり普通のラーメンに、1千円以上を出して食べるのはやはり抵抗が少なからず有りますね…

 

まあ、昨今は、ラーメンの普通盛りでトッピングもデフォルトのラーメンが普通に1千円以上のお店も多々、存在するので、この思考に関してはそろそろ呪縛を解いても良いのかとも思ってはおりますが…

 

でも、やはりたかがラーメン、一杯に、1千円以上のお金を出すのはまだ少し抵抗が有りますね…

 

まあ、トッピングを存分にし、大盛りで食す場合に関しては、その限りでは有りませんが…

 

今日、この『納豆ラーメン・大盛り』が幾らだったかは、ちょっと記憶から抜けていますが、確か1.300円程度だったかと思われます…

 

本当はね…

 

もう10年以上前になりますが、新宿御苑の駅の近くに有った、同じく『満来』で修行をし、独立開業したラーメン屋の…

 

あ〜〜〜…

 

名前が思い出せない…

 

そこのラーメンが、過去に食べた醤油味のラーメンの中でも一番美味かった記憶がありますが、10年チョイ前に繁盛していたのに何故か突然閉店とか…

 

そこのお店は毎週、一回は通っていたラーメン屋さんなのですが、ある日食べに行ったら…

 

シャッターが降りていて、張り紙に『閉店しました…』ですと…

 

まあ、本当にあそこのラーメンだけは本当に美味かったので、なんで閉店したのか…

 

悔やまれますね…

 

そして、そこのラーメン屋さんは、基本、『満来』や『ほりうち』と同じ様なメニュー展開でしたが、価格がグッと抑えられていて、普通のラーメンは最後まで550円での提供となっていました…

 

もしかしたら、その価格設定で閉店になったのかな???

 

でも、普通に食事時に関してはいつも外にお客さんが並んでいるほど繁盛していたので、閉店の理由が分からないままです…

 

そこのお店…

 

う〜〜〜ん…

 

まだ、店名が思い出せないのですが、私が初めて行ったのが、開店初日…

 

そこで、基本、ラーメンに関しては全て大盛りでのオーダーで統一していた時期が長らく続いていたので、そこのお店でも、注文時に『ラーメン大盛り!?』って注文したら…

 

店主が食い気味に、『うちの大盛りは4玉ですが食べられますか!?』と挑戦的な返しが来たので、こちらも負けじと『問題無いよ!?』って切り返し、出てきたラーメンを食べながら、途中で苦しくなる始末…

 

それでも、以前は取引先が近くに有ったので、週に一度は通って、毎回ラーメンの大盛りを懲りずにオーダー…

 

それから 10年ぐらい経って、しばし行かなくなり、再び通い始めたら、既にラーメンの大盛りは終了しておりました…

 

やはり、大食漢の私でも割とお腹がいっぱいになるぐらいの量だったので、残す方も多かったからか大盛りは終了していました…

 

私は今でも、人気店の『ラーメン二郎』でも、大盛りの全部マシマシで食べるほどなので、そこのお店でちょっとキツかったと思ったぐらいなので、本当にかなりの量の麺だったのでしょう…

 

今は亡き名前も記憶障害で忘れてしまったお店のラーメンはこちら!?

どうでしょう…

 

いい感じに脂が浮いていますが、脂っぽさは皆無の素晴らしいスープで、麺も、『満来』や『ほりうち』と比較しても数段上質な麺でした…

 

これが最後まで550円で提供されていたので、今思っても残念で仕方がない…

 

悔やまれるラーメンの名店が一つ消えてしまいました…

 

本当に、また再開してくれたらな〜〜〜…

 

って、『らあめん・ほりうち』の納豆ラーメンを食べながら、ふと寂しい気持ちになりましたとさ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です